車査定では具体的にどのようなところがチェックされるの?

中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、対象車の市場価値を計算するのが常です。項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点とひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。専門家は多数の車を見てきていますし、修理歴を隠蔽したところでうまくいくはずがありません。それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、査定価格の底上げを図ることもできます。一方、ディーラー下取りでは価格を比較する相手がいないので相場より安い価格になってしまうかもしれません。しかし一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。状況に応じて選ぶと良いでしょう。車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで実車査定が終わると正式な価格が提示されます。満足のいく価格であれば、印鑑証明書(軽自動車は不要)や必要書類一式を用意して契約という運びになります。

その後、車両の引取りと所有者の名義変更といった一連の手続きを経て買い取った業者から入金があり、すべての売却手続が終わります。査定結果に納得し、車を売却しようという段階になったら所有者は書類を複数用意しなければなりません。普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。必ず必要になるのは車検証で、そのほか自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、最新の納税証明書の原本が必要です。それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。しかし軽乗用車に限っては実印ではなく認め印で済むので印鑑証明書も要りません。ほんのわずかな手間で売却予定の車の市場価値を知ることができるネットの一括査定サービスというのは、上手に活用すれば非常に有益です。ただ、ひとつだけ面倒な点というと、アポとりの電話がひきもきらずかかってくるのは避けられません。職場の電話や仕事の連絡にも使う携帯番号などを入力してしまうと、何かと不自由なことになりますから、なるべく当たり障りのない番号にすると良いでしょう。相手の都合も考えずに何度も営業電話をかけてくる業者などには、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのが諦めてもらえます。

品物がないのですから当然です。中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者がその場にいなければいけないとする決まりなどはありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルをあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも実車査定には所有者が同席するようにしましょう。たちの悪い業者だと、人が見ていないのを幸いとばかりにわざと車体に傷を作るといった違法な手法で本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法は簡単に分けると2種類です。比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。もっとも手軽で新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。ただ、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、買値は安くなりがちです。そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、高値になる傾向があります。もしチャイルドシートをつけたままの自動車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。中古車の見積りではそれらは無関係なのが普通だからです。

もともとチャイルドシート自体は購入希望者は多いため、取り外してからリサイクルショップなどで売ればきちんと値段がつくものですし、特に人気の高いブランド商品ならなかなかの高値をつけてくれることがあります。車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んでその場で実車査定を受けるなら、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、まったく相場を掴まずに価格交渉することになります。仮に相場を無視した大幅な安値で売買契約を結んでしまう危険性もあります。スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが満足のいく結果が出しやすいです。中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。実際には時間を問わず短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが利益は大きいのではないでしょうか。来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、自然と査定額もアップするでしょう。